近畿ドッグスクール

ネオペッツVRセンター、二次診察レポート♪パート1

20140511-093904.jpg

↑さて、愛犬が1月に乳腺ガンになり手術をしました。

しかし手術後、写真のように口が完全に開かなくなりました。

一難去って、また一難

痛み止めで痛さはなくなり、咀嚼筋炎(そしゃくきんえん)の疑いで検査をしましたが陰性。。。

咀嚼筋炎・・・頭部、特に咀嚼に関与する筋肉(顎二腹筋、側頭筋、咬筋)に限局して発生する炎症性筋疾患。そのために開口障害、摂食不良など呈します。どの犬種にも発生するが、ジャーマンシェパード、レトリーバー種やその他の大型犬で発症することが多いと考えられている。

20140511-094031.jpg

↑そして病院の紹介で二次診察へ。

あまりここに行く機会がないですし、今後皆さんが行く事になるかもしれませんのでしっかり?レポートしてきました。

2次診察・・・普通の病院では設備などの関係でこれ以上細かく診察できない、もしくは異例と判断されると紹介で二次診察を受けれます。勿論、費用も高い。

20140511-093917.jpg

↑朝9時30分到着。

勿論、愛犬は麻酔をかけてMRIとCTをするので朝は水、食事は抜き。


20140511-093943.jpg

↑最新のMRIとCT

愛犬はこれをします。

原因がわかればいいのだが。。。


20140511-093951.jpg

↑これがCT。

X線で体を輪切りにして見ることができます。

例えば、携帯電話なら中の配線から細かいものまで色んな角度から見れます。

肺や骨などはこちらの方が優秀。


20140511-094022.jpg

↑これがMRI。

こちらは磁気を使い振動でどうなっているか見る。

脳や脊髄の神経系を見るのはこちらの方が優秀。

ちなみに調べてもCT.MRIの違いが、正直あまりよく分かりません(笑)

症状によって使い方が変わるということで。


20140511-094047.jpg

↑さっ入口です。

潜入開始!!


20140511-094003.jpg 20140511-093917.jpg

↑綺麗?な受付の方がいて、まず初めにわんちゃんの性格や住所など書類を書きます。

提出すると20分~30分待ちます。

暇なので周りを偵察。


20140511-093926.jpg
↑待合室。
なんだが人間の病院みたいで緊張します。

20140511-094054.jpg

↑飲み物も100円!!

素晴らしい♪

しかし近場の月極め駐車場、2万5千円!!

さすが都会。


↑わんちゃんのトイレ場所もあるよ。

20140511-094014.jpg

↑診察室や処置場所などなど沢山あります。


20140511-094132.jpg

↑そして名前を呼ばれまずは診察室で先生と話をします。

ちなみに名前を呼ばれ自分が病院に来た感覚になり、犬を連れて行かずに自分だけ入ろうとしてしまいました(笑)

皆さん、気をつけましょう。。。

ここは普通の動物病院と同じで体重などを図ります。

とりあえず、病気の経路や時期などを細かく話してしばらく待機。

奥の扉でMRI.CTなどなど処置を行っております。

ちなみに飼い主さんは入れません。。。

ここまで、約二時間かかります。YouTube Preview Image

このあと、愛犬だけ奥に進み2時間ほど待ちました。

続きはパート2で。

↓「参考になった、楽しかった」という方は

クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ


↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

過去記事